自律神経失調症 治す 音楽

さまは音楽が自律神経失調症の改善に効果があるということは聞いたことはありますか?
今回はそんな『音楽』についてお話しようと思います。

 

ロック音楽で胸が高鳴り興奮することや静かなヒーリング音楽で心が安らかな気分になることはないでしょうか。このように音楽は心にも身体にも様々な影響を与えているのです。

 

 

自律神経には心身を興奮、緊張状態にする交感神経とリラックス、休息状態にする副交感神経の2つがあります。

 

自律神経失調症とはストレスなどによってこの2つのバランスが崩れてしまっている状態のことで特に交感神経が優位に立ち過ぎてしまっているため常に神経が張り詰めた状態になってしまっています。

 

 

 

そういった状態の自律神経に対して音楽が直接的に働きかけてくれるのです。音楽を聴くことによって心も身体もリラックスした状態に入ることで副交感神経が優位に立ちます。

 

その結果交感神経が落ち着いてくれるため自律神経のバランスがよくなってくるのです。さらにリラックスすることによってα波が増えてくるためストレスが軽減されるといったメリットもあります。

 

 

何の音楽というよりもご自身が聴いていて心が安らぐと感じる音楽が効果的だと言えます。つまり好きな音楽で構わないというわけです。

 

先ほど少しお話しましたがヒーリング音楽というものも多くなってきました。ストレスをやわらげる音楽というのもありますね。

 

だからといってそれが必ずしも誰にでも合うとは限りません。なのでご自身で聴いていて気持ちがいいと感じたり癒されると感じる音楽が一番いいと言えるのです。

 

例えば、それがクラシック音楽であってもジャズであれ、オルゴールの音でも自然の音でも大丈夫です。

 

心が安らいでご自身が気持ちがいいと感じるような音楽を聴くように心がけましょう。

 

 

もちろん、静かな音楽だけが効果的ということではありません。

 

確かにアップテンポの曲は興奮しやすいので交感神経が優位に立ちやすいかもしれませんが、同じ交感神経でも例えば大好きなアーティストのライブコンサートに行った後の気分はどうでしょうか?

 

くたくたに疲れて果ててしまって緊張から頭痛など体に不調をきたすような気分でしょうか?

 

 

私は、逆にストレス発散できて楽しかった時間を満喫することで、同じ興奮していても気分はとても満足していることと思います。

 

このようなアップテンポの音楽は心が楽しくなるのでこれも効果的と言えると思います。

 

もちろん静かで落ち着いた音楽はおのずと気分がゆったりするのでリラックスできるのでもちろん効果はありますが、注意していただきたいのが、あまりこういう音楽を聴かなくてはならないと思ってしまうことです。

 

それはストレスになってしまい逆効果になってしまうからです。

 

 

本当に一番大切なのはご自身が聴きたいと思う音楽を聴きたい時に気持ちよく聴くということだと思いますよ。