更年期障害 汗 対策

更年期障害で多くの方が体験される症状の一つに、「汗を掻く」という症状があります。

 

汗をかくのは、自分自身の意思に反しての事ですので、制御できないもので、汗をかく事に対して取れる対策は、そう多くはなく「ハンカチなど、いつでも拭ける準備をする」事になります。

 

 

その他、漢方やサプリメント、時には薬の処方によって症状を緩和する事も考えられますが、個人差がありますので、絶対とは言えません。

 

ここでは、更年期障害に悩む50代女性の方から体験談をいただきましたので、紹介したいと思います。

更年期障害 寝汗に悩む体験談

寝汗がひどい私の更年期体験談

 

私の更年期は50歳頃から始まりました。

 

それまで、毎月きちんとあった生理がぱたっと止まり、「ああ更年期なんだなぁ」と思いました。

 

 

それと同時に眠っている間に汗をかくようになりました。

 

夜中に目がさめるほどすごい汗をかくのですが、特別に暑いわけではなく、冬の寒い時でも寝汗をかくのです。

 

羽毛布団を使っているのですが、すっぽりと羽毛布団にくるまったまま、汗びっしょりになって目が覚めます。

 

 

特に、体の中でも、特に胸の谷間と下半身の汗がひどくて、下着もパジャマも着替えないといけないくらいなのです。

 

夜中にごそごそと着替えてまた寝るのですが、ひどい時には一晩に3回くらい着替えることがあります。

 

 

そのせいで、洗濯する回数が増えて大変でした。

 

汗をかかない時には、全然かかないで寝ていることもあるのですが、その日によって、汗をかく日とかかない日があるようです。

 

 

それに、夜、なかなか眠れないことが増えて、イライラします。

 

日中、しっかりと働いているので、かなり疲れていると思うのですが、夜、一度寝入ったかと思ったら、すぐに目が覚めてしまって、眠りに戻れないのです。

 

 

更年期は、いろいろな症状が出るとは聞いていましたが、不眠症になるとは驚きです。

 

病院にいって調べてもらいましたが、異常はなく、やはり更年期障害の一つでしょうと言われました。

 

 

その他の症状では、友達とカフェでお茶をしている時に、手が震えて、落ち着きがなくなったりします。

 

いつそのような症状が出るのか、予想がつかないことが、とてもつらいです。

 

 

また、精神的には落ち込みがちで、憂鬱な気分が続きます。

 

もうそろそろ更年期も終わるのではないか??と思っているのですが、寝汗とイライラは相変わらず続いています。

 

ホットフラッシュと言って、顔が火照って、汗を書くこともあります。

 

電車に乗っていたりすると、急に汗が噴き出してきて、ハンカチで汗を抑えなければならなくなりますので、ハンカチは必需品で、ハンカチがぐっしょり濡れてしまうくらい汗をかきます。

 

 

ただでも落ち込むのに、ホットフラッシュには本当に困ります。

 

眠っている間の汗も大変ですが、家の中での出来事なので、対処することができますが、外出中はただただ恥ずかしいばかりで、途中で電車を降りたくなります。

 

 

生理が終わってから生理用ナプキンを使わなくて良くなったのは嬉しいことですが、気分の浮き沈みや汗など、女性の微妙な時期だからこその症状には困ります。

 

今では、心療内科を受診してお薬を処方してもらって、それを飲んで対処していますが、いつまでも薬に頼るわけにもいかないので、漢方やサプリメントで症状が緩和するものがあればなと思って探しています。

更年期障害 汗 漢方やサプリメントでオススメのものは?

更年期障害でお悩みの際に、最初に試したいサプリメントですが、白井田七です。

 



 

 

累計10万本以上の売上を誇り、和漢めぐる系サプリでも、楽天でランキング1位を獲得し続ける人気のサプリメントです。

 

 

サポニン、フラボノイド、ギャバと言った、女性には欠かせない成分が豊富に含まれており、イライラの解消、基礎代謝や自律神経を整えるのにオススメのサプリメントとなっています。

 

また、飲みやすい錠剤タイプでの提供になりますので、今までのような粉末サプリメントと違って、とても飲みやすいのが嬉しいところですね♪