自律神経失調症 漢方 効果

自律神経失調症になりやすい方は、意外と身体ではなくて、精神的な部分が原因であることが多かったりします。

 

例えば、緊張しやすかったりストレスに弱かったり、元々神経質な性格などが原因で、自律神経のバランスを崩しやすかったりするのです。

 

こういう方は、体質を改善していく必要がありますので、その場合にJ一つの方法として、「漢方」が有効だったりします。

 

 

漢方には、人間が本来持っている自然治癒力を利用して、心身の調和を図る作用があります。

漢方は、いくつかの生薬が組み合わさって出来ていて、1つの薬で複数の効果が期待できます。

 

病気になると、抵抗力が落ちてしまうので、他の病気にもかかってしまったり、病気そのものが悪化することもあります。

 

そんな時に、漢方を取り入れると、「体の抵抗力をつける手助けをする」ので、病気に打ち勝つ身体を作ることができます。

 

また、漢方はその方の体質や症状に合わせて処方されますもので、自然の生薬をもとにして処方されるため、副作用も少ないことも特徴です。

 

 

漢方医学の考え方に気、血、水というものがあります。

ここで、漢方医学について紹介したいのですが、漢方医学には、「気、血、水」の3つがあります。

 

 

まず、「気」とは、目には見えない生命エネルギーのことで、元気の気、気力の気など、いわゆる自律神経の働きに近いと考えられています。

 

次に、「血」とは、そのままの意味で、全身をめぐって、さまざまな組織に栄養を与える、主にに血液を指して言います。

 

最後に、「水」ですが、これは血液以外の体液全般を指していて、水分の代謝や免疫などに係わっているものとされています。

 

 

このように漢方は、この3つの要素が体内を循環することで人間の身体が維持されると考えられています。

 

これらのどれか1つでも不足してしまったり、偏ったりと、バランスを崩してしまう事で、身体に不調が現れてしまうと考えられているため、3つの要素のバランスが保たれるように、漢方は処方されるのです。

 

 

自律神経失調症の症状と漢方医学の関連は??

自律神経失調症は、これらの要素のうち、「気」と「血」に問題が生じて起きると考えています。

 

そのため、人間の体質や症状を考えながら、「気」や「血」の状態を整える漢方を使って、辛い症状を取り除いていくのです。

 

 

自律神経失調症の漢方薬としては、

  • 動悸や精神不安、不眠、イライラするなどの症状に使われる「柴胡加竜骨牡蛎湯」
  • 便秘や神経症に効果のあると言われている「大承気湯」
  • のぼせやめまいなどの症状、月経不順や更年期障害にも適している「女神散」
  • 頭痛や神経衰弱、更年期障害や胃腸が弱い、神経質などの症状に効果のある「香蘇散」
  • 精神不安や不眠症などに使われたり、胃腸が弱くて疲れやすくストレスを抱えやすい方、イライラやのぼせを取り除く効果がある「加味帰脾湯」
  • 疲労感や倦怠感、動悸、息切れ、不眠や微熱などの症状に使われる「柴胡桂枝乾姜湯」

などがあります。

 

 

自律神経失調症の症状には、その方、その方で個人差が非常に大きい上に、身体のどこが悪いといった具体的な原因が分かるような病気ではないので、なかなか思うような効果が現れない事もあります。

 

そのため、漢方では全身を観察して、それぞれの症状に合わせて処方を決めていくのです。

 

 

皆さまの体質に合った漢方を使って、初めて効果が得られるものなので、しっかり体質にあったものを選ぶようにしたいです、きちんと専門家のサポートを受けながら取り入れるようにしましょう。