自律神経失調症 治す 呼吸法

皆様の中にも、知らず知らずのうちにストレスを抱えていることが多いと思います。

 

生活のスタイルが夜型になると自律神経のアンバランスを招きやすくなってしまいます。自律神経失調症は頭痛や動悸、うつ病などさまざまな疾患を引き起こす原因となります。

 

心身が緊張状態にある時、それを鎮めるために深呼吸が効果的であることはよく知られていますよね。ではなぜ、深呼吸すると心が落ち着くと言われるのでしょうか。

 

自律神経は私達の意志とは関係なく身体機能を健全に保つように働いています。心臓や胃腸が休みなく動いているのも自律神経がきちんと機能しているためです。

 

 

そもそも自律神経は交感神経と副交感神経という二つの神経から成り立っています。

 

交感神経は活動や緊張、ストレスといった状態にある時、とくに昼間に優位になります。その一方で副交感神経は休息やリラックス状態、特に夜間や睡眠中に優位に立つと言われています。

 

その自律神経のコントロールは私たちは無意識のうちに行っているのですが、この交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまい、どちらなが優位な状態が長く続くことで倦怠感や不眠、動悸や頭痛、不整脈、食欲低下といった症状が現れ、これが「自律神経失調症」と診断されます。

 

 

この自律神経の交感神経と副交感神経をバランスを正常に保つためには、日頃から疲労やストレスを溜めないようにする事や、規則正しい生活を送ることを心がける事が大切になります。

 

 

そこで、取り入れたいのが「呼吸法」の見直しです。

呼吸は、私達自身が意識的に行うことができます。

 

意識的に呼吸することで、自律神経にアプローチすることが可能となるので、呼吸法によって副交感神経と交感神経のバランスをコントロールできるようになります。

 

 

一般的に呼気は副交感神経、吸気は交感神経が活発に働くようになりますので、ゆっくりと息を吐くことで副交感神経が優位になり、身体はリラックス状態へと向かうと言われています。

 

 

私たちは、仕事や対人関係などのストレスで、交感神経が緊張状態にになりやすい環境に暮らしています。

 

そのような環境下で、「腹式呼吸」を取り入れて、副交感神経を優位にして、自律神経のバランスを摂るように心掛けてみましょう。

 

自律神経のバランスが崩れることで起こる「自律神経失調症」は、呼吸で改善・予防する事も可能なので、是非試してみて下さいね。