自律神経失調症 血圧

皆さまは血圧と自律神経と深い関係があることはご存知でしょうか。今回はそんな『血圧』についてお話していこうと思います。

 

 

血圧の点からだとどうやら低血圧の人が自律神経失調症になりやすい傾向があるようです。自律神経失調症が発症する原因はストレスがほとんど言われています。

 

ストレスは身体を緊張させて血圧を高くするので高血圧の人がなりやすいのではと思われるかもしれません。しかし低血圧の方が強いストレスを受けて自律神経失調症になったことで高血圧の状態となっていると考えて下さい。

 

 

自律神経は交感神経と副交感神経という2つから成り立っています。そして、身体に対する刺激に反応して生命を健康に維持するためのコントロールをしています。

 

それは例えば血管を広げたり縮めたり、胃を動かして食べ物を消化したり腸を動かして栄養を吸収して老廃物の排出を促すなど私たちが無意識に行っていることを担当しています。

 

 

交感神経が優位に立つかあるいは副交感神経が優位に立つかは私達の状況に応じて臨機応変に変化して身体を最適な状態に調節してくれています。

 

交感神経は活動型の神経で主に日中に働きます。私たちが活動している時や緊張している時やストレスを感じている時に優位になっています。心臓や肺の動きを促進させます。筋肉は緊張しているので血管はギュッと収縮していて血圧は高くなっています。

 

 

逆に副交感神経は鎮静型の神経で主に夜中に働きます。

リラックスしている時や休息している時や体の回復をしている時に優位になっています。胃腸などの消化器官の働きを活発にさせたり、傷や疲れなどの不調の回復を促進させます。この時は筋肉はゆるんでいるので、血管は弛緩してして血圧は低くなっています。

 

 

この2つは本来はうまくバランスを取りながら働いています。血圧も同じように立っている時や座っている時ストレスを感じている時やリラックスしている時などその状態によって変化しています。

 

しかし低血圧だったり立ちくらみのある方は元々自律神経の切りかえがうまくいっていない可能性があります。この切りかえがうまくいかずにバランスが崩れているために、必要な量の血液が脳に送られなくて低血圧や立ちくらみなどになってしまうのです。

 

低血圧の状態になるとぼんやりしたり身体がだるかったり、感情の起伏が少なくなってしまうことがあるのです。

 

疲れやすい、だるい、立ちくらみがする、といった身体の状態そのものにもストレスを感じるでしょう。そんな状態で仕事をしたり家事や育児に追われるなどストレスを受けると自律神経失調症になってしまうこともあります。

 

 

自律神経失調症になると、血圧が高くなる場合と低くなる場合との両極端になります。

 

また先にお話したように低血圧だった形が急に高血圧になるということもあるのです。交感神経が優位の時には高血圧に副交感神経が優位の時には低血圧になるのですが、自律神経失調症になると些細なことでも自律神経が過敏に反応しやすくなるため、急に血圧が上下することがあると言われています。

 

しかし一般的には自律神経失調症になると高血圧になるケースが多いようです。

 

 

自律神経失調症はストレスの強い生活が原因のほとんどです。

交感神経が優位に立っているので体の筋肉は固くなり血管もギュッと縮んでしまって高血圧になりやすくなるのです。

 

自律神経失調症からくる高血圧は、ストレスで交感神経が優位に立って、筋肉が固くなっていることが主な原因なので、逆に筋肉をほぐしてあげれることで血管も広がるので、血圧も落ち着いてくるのです。

 

マッサージや整体で筋肉をほぐすのも効果的ですが、しかし月に数回の整体では十分な効果を出すのは難しいと思います。

 

やはり毎日の生活でできることを続けるのが大切です。ストレッチをしたりぬるめのお風呂にゆったりつかるったりウォーキングも効果的だと思いますよ。

 

 

→ 自律神経トップページでは、自律神経失調症を緩和するための情報をまとめています。

 

一緒に確認頂き、症状の緩和に努めて頂ければと思います。